フリーランスエンジニア

【実体験】フリーランスエンジニアに不安や疑問があるならエージェントに相談してみよう!!

自己紹介

フリーランスエンジニアをしているヨノと申します。

独学でプログラミングを学び、ソシャゲ・SaaS開発などを経て、2018年からフリーランスエンジニアとして活動しています。

主にバックエンド中心の案件を獲っていますが、たまにはフロントエンドも。
主な使用言語・FWは、Ruby/Rails/Go言語/JavaScript/TypeScript/React/Vue.js

フリーランスエンジニアに興味があるけど、「なんとなく不安」、「自分だとどれくらいの単価になるのか気になる」、「どんな案件があるのか知りたい」といった悩みや疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか!?

このような方には、フリーランスエージェントに相談して情報収集することをオススメします。

すぐにフリーランスになるつもりがなくても、相談にのってくれるので安心してください。

私もフリーランスになる前は同じような不安・疑問を持っていて、ギークスジョブで相談して1年後にフリーランスになりました。

フリーランス専門エージェントへの相談をおすすめする理由

フリーランスエンジニアについて情報収集できる

当たり前ですが、エージェントは多くのエンジニアと案件を見ているので、膨大な情報を持っているので、情報収集になります。

エージェントに相談することで、次のような疑問や不安は解消されます。

はてな

  • 自分の経歴だと、どれくらいの単価になるか?
  • どんな業界、内容、条件の案件があるのか?
  • スキルアップできる案件はあるのか?
  • 未経験言語の案件を取るためにはどうしたら良いのか?
  • 単価を上げていくにはどうしたら良いのか?
  • どんな働き方になるのか?

自分の経歴を説明して、実際の案件をみせてもらいながら色々質問出来るので、信憑性もあるし、ネットで情報収集するよりも納得しやすいです!!

優良エージェントは嘘つかない

「都合の良い営業トークをされるのでは?」と思う方もいるでしょうが、安心してください!レバテックフリーランスギークスジョブmidworksといった優良エージェントは嘘をつきません。

エージェントはフリーランスエンジニアが案件に参画し、継続してもらうことで収益を上げているので、嘘ついても意味ないんですよね。

高単価狙えますとか嘘ついて、案件に参画されなかったらエージェントは一銭も儲かりません。

むしろ結構はっきり言われます。今の経歴だとその額は厳しいとか、ポートフォリオなしで未経験言語を獲得するのは、かなり案件が限られるとか。

相談したあと営業電話とかたくさん来ない?

もちろん多少はありますが、しつこい営業はないので安心してください。

私の場合、「その後どうですか」といった内容のメールをもらっただけです。

「しばらく会社員続けます」と返信したらその後は営業電話やメールは来ませんでした。(一斉送信されてるメルマガのようなものはいくつか来ましたが)

私の場合、相談後しばらく会社員を続けることにし、1年後にフリーランスになりました。

 

フリーランス専門エージェントに相談する流れ

基本的に、エージェントで案件探しするときと同じながれです。ただ、前もって相談したい旨を伝えておくとエージェント側も準備できるので良いでしょう。

フリーランス専門エージェントを使って案件探しをする流れを知りたい場合は、フリーランスエンジニア向けエージェント利用の流れ【登録〜案件参画まで】が参考になります。

1. エージェントに登録

各エージェントの公式サイトから基本情報を入力して登録します。

入力する内容は、だいたい次の4つ。

  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号

2. エージェントとの面談日程調整

登録すると後日メールか電話で連絡が来ます。ここでは面談日程の調整と当日に必要なものの連絡のみ。

このときに、すぐフリーランスエンジニアになるつもりはなく、色々聞きたいといった旨を伝えておきましょう。

エージェントによってはザックリとした状況確認されることもあります。

  • いつ頃から稼働できるか
  • 現在フリーランスか
  • どんな案件を希望しているか

3. スキルシート、経歴書の作成

エージェントとの面談日までにスキルシートを記入して送ります。

スキルシートをどう書けば良いかわからない人は、エージェントにテンプレを送ってもらいましょう。

注意ポイント

少し面倒ですが、今までの経歴をしっかり振り返って記入しましょう。

今までの経歴を正確に伝えないと、どんな案件・単価を狙えるか相談しても意味ないです。

4. エージェントとの面談

エージェントのオフィスで行うことが多いですが、コロナの影響でビデオ通話で面談するところが増えています。

エージェントによって順番は前後すると思いますが、話すことは次の6つ。

相談したい場合は、「経歴説明」、「案件紹介」、「エージェントへの質問」がメインになってきます。

エージェント面談で話すこと

  • 経歴説明(スキルシートをもとに話すとスムーズ)
  • 案件の希望条件(単価、働き方、企業風土など)
  • 希望稼働開始日(いつ頃から働きたいか)
  • 案件紹介
  • エージェントへの質問
  • エージェントについての説明(サポート体制や利用できるお得な制度など)

 

相談するのにおすすめなエージェント

おすすめはレバテックフリーランスギークスジョブです。

理由は「登録者数と案件数が多く情報収集に適している」、「まともな会社なので、嘘つかないし、しつこい営業もない」から。

登録者数 取引企業数
レバテックフリーランス 非公開
※ レバテックサービス全体登録者数180,000人
5,000社
ギークスジョブ 17,000人 3,000社

※ 2021年2月時点の公開情報

レバテックフリーランスやギークスジョブはフル稼働案件中心なので、週2,3日案件で働くイメージしている場合はmidworksが良いでしょう。レバテックフリーランスやギークスジョブに比べると取引企業数、案件数は劣りますが、優良エージェントです。

といったように使い分けると良いでしょう。

↓↓↓無料で相談できるので、気になることを質問して、実際の案件を見せてもらいましょう!!↓↓↓

参考レバテックフリーランスの評判・特徴は?実体験をもとに、どんなエージェントなのか解説

参考【週2、3日案件が見つかる】フリーランスエンジニア向けおすすめエージェント

フリーランスエンジニアに興味がある人におすすめの記事

-フリーランスエンジニア

© 2021 フリエン生活 Powered by AFFINGER5