データベース・SQL

MySQL公式のサンプルデータでSQLの学習環境を作る方法

SQLの学習をする最初の関門として、練習でSQLを実行する環境を整えることだと思います。
データベースとテーブルの構成を考えて、それにあったデータを作るのは大変ですよね。

しかし、MySQL公式のサンプルデータを使えば簡単に実践的な練習用データベースを用意することができるので、その方法を紹介します。

【Mac環境構築】Homebrewのインストール

homebrewに従い、インストールします。

以下のコマンドを実行するだけです。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

これで、brewコマンドが使えるようになります。

homebrewコマンド

[Qiita]Homebrewのインストール

MySQLのインストール

homebrewを使ってインストールします。次のコマンドを実行するだけ。

$ brew update
$ brew install mysql

MySQLの起動

$ mysql.server start

MySQLへのログイン

$ mysql -uroot

 

[Qiita]Mac へ MySQL を Homebrew でインストールする手順

MySQL公式のサンプルデータをダウンロード

MySQL公式サイトから「sakila database」のzipをダウンロード。

sakila-database-link

データベースのスキーマはこちらから確認できます。
※ ダウンロードページの「View」リンクからもいけます。

MySQL公式サンプルデータをインポートする

先程ダウンロードしたzipを解凍して好きなことろに置きます。

そしたら、sakila-schema.sql, sakila-data.sqlの順でインポートします。

$ mysql -uroot
mysql> SOURCE ~/Downloads/sakila-db/sakila-schema.sql
mysql> SOURCE ~/Downloads/sakila-db/sakila-data.sql

データが入っているか確認。

USE sakila;でデータベースを指定して、テーブルの中身をみてみます。

これでサンプルデータをローカルに用意することができました!!

-データベース・SQL

© 2021 フリエン生活 Powered by AFFINGER5