副業・複業

Webエンジニアの土日副業の探し方と注意点

はじめまして、フリーランスエンジニアのヨノと申します。
エンジニア歴は8年、フリーランス3年目(2020年10月現在)。

10〜30万円くらい副業で稼げたらな〜。」と思っている人は多いのではないでしょうか?

私も収入を増やしたくて、会社員時代もフリーになっても副業をしていて、副業で月30万円稼いだりしていました。
(今は育児のため、副業はお休みしてます。)

今回は、私の今までの副業経験をもとに、

  • Webエンジニアは副業に向いているのか
  • Webエンジニアが副業するメリット
  • 副業するときの注意点
  • Webエンジニアの副業にはどんなものがあるのか
  • 週1~2日(平日夜・土日可)の副業を獲得する方法

について解説していきます。

対象読者

  • 土日副業に興味のある人
  • 空き時間を使ってもっと稼ぎたいと思っている人

副業に興味のあるWebエンジニアの方の参考になれば幸いです。


Webエンジニアは土日副業に向いている!?

Webエンジニアは副業に向いている職種です。

理由はリモートワークしやすいから!!
Web系企業はリモートワークに慣れている・寛容なところが多いですし、WebエンジニアであればGitHub、Slackがあれば十分仕事できます。

副業では平日のビジネスタイムに稼働できないので、この「リモートワークのしやすさ」は重要!!

 

Webエンジニアが土日副業するメリット

メリットは3つ。

Webエンジニア副業のメリット

  1. お金が稼げる(月10〜30万円は狙える)
  2. 技術面でのスキルアップ
  3. 他社の開発・運用フローやツールを学べる

お金が稼げる(月10〜30万円は狙える)

だいたい月10〜30万円くらいは狙えます。

副業の種類や稼働時間によって異なりますが、副業エンジニア(業務委託)として参画して週2日分稼働すれば30万円前後いきます。
効率良く受託開発できればもっと狙えるかもしれません。

技術面でのスキルアップ

普段サーバーサイドエンジニアとして働いている人が、副業ではフロントエンドエンジニアをするといったように、本業とは異なる分野のスキルを身につけることができます

私の場合、普段はRailsでサーバーサイドエンジニアをしていて、副業ではReact/Reduxを使ったフロントエンドエンジニアとして働いていました。

このようなパターン以外にも、副業先で

  • 設計、アーキテクチャを担当させてもらう
  • AWSなどを使ったインフラを担当させてもらう
  • 本業とは異なるフレームワークやライブラリに触れられる
  • 言語やフレームワークが同じでも、本業と異なるアーキテクチャを採用している
  • コードレビューをしてもらい、学びにつなげる

といった感じで、本業とは異なる経験を積み、スキルアップにつなげることができます。

全く知らない領域の仕事を任せてもらうことは難しいですが、ある程度自己学習していれば任せてもらえます。
副業を募集している企業は人手不足のところが多いので、「意欲があって自分で学習しています」って人であればチャンスを与えてくれますよ!!

他社の開発・運用フローやツールを学べる

「タスク管理方法」、「タスクの見積もり方法」、「仕様の決め方」、「コードレビューのやり方」など開発・運用フローについて学ぶことができます。

副業先がやっている方法やツールが良いと感じれば、本業に活かすこともできます!!

  • 「〇〇ってツール使ってみましょう」
  • 「タスク管理の方法を〇〇な感じにしませんか?」

といったように本業で提案してみると、評価面でもプラスになるでしょう!

 

長く副業を続けていくための注意点

副業を長続きさせるために、注意すべき点を紹介します。

稼働可能時間は想定の7, 8割くらいで考える

本業がある上に副業をするのは結構疲れます。
副業を探すときに「週○時間できるな」と考えていても、実際に想定時間通りに稼働するのは大変だと思った方が良いです。

最初の頃は張り切ってバリバリ本業と副業をこなしていけるものの、続けていくと疲労が溜まって、最初の頃と同じ時間を副業にあてるのが辛くなっていきます。

コンスタントに副業に当てられる時間は想定時間の7〜8割程度と思った方が良いです。

私の経験上、7〜8割くらいにしておくと、疲労が溜まっても続けられますし、本業が忙しい時期や休日に外せない用事が入ったときでも副業時間を確保できます。

週20時間稼働できると考えているなら、コンスタントに稼働できる時間は週14〜16時間だと思っておきましょう。

ポイント

副業エンジニアとして企業と業務委託契約する場合、契約内容に最低稼働時間が記載されることが多いです。
契約を結ぶときにも、7〜8割の時間にしておきましょう。

もし余裕があれば契約時間を増やせば良いだけです。
時間を増やすだけなら、企業側も喜んで受け入れてくれるので話はすんなり進みます。

ホウレンソウ(報告・連絡・相談)はできるだけ早く、丁寧にする!!

副業する場合、請負でも業務委託でもリモートでのやり取りになり、稼働している時間もバラバラ(平日夜や土日)です。
なので、クライアント側からは、働いている姿・進捗が全く見えません。

また、稼働時間が少ないと成果物を出せるようになるまで長い期間かかることもあります。
そういったときに、全く連絡がないとクライアント側は「ちゃんと進んでいるのか」と不安に感じますよね?

普段以上にホウレンソウ(報告・連絡・相談)を徹底しましょう!!

簡単で良いので「現在の進捗」、「困っていること(厄介なエラーがある等)」などを連絡しておくとクライアント側に安心してもらえますし、信頼を得ることができます。

クライアント側に「○○さんなら安心して依頼できる」と思ってもらえたら、副業も長続きします!!

 

Webエンジニアの土日副業の種類と探し方

土日副業の種類は次の3つ。

  1. クラウドソーシングで受託
  2. プログラミングスクール講師
  3. プロジェクトに副業エンジニア(業務委託)として参画

おすすめは、3つ目の「プロジェクトに副業エンジニア(業務委託)として参画」
この方法が一番確実に稼げて、スキルアップに繋がります。

1.クラウドソーシングで受託

この方法なら、本業の忙しさに合わせて仕事量をコントロールできます。

仕事内容 ホームページ制作
システム開発
プログラミング関連のブログ記事執筆
仕事の進め方 クライアント次第
稼働時間 好きな時間
単価 案件次第
メリット 作業量を自分でコントロールできる
デメリット 仕事を取るために実績を積む必要がある
ブラック案件を掴んでしまう可能性がある
一般的に単価は低め

仕事内容は、「ホームページ制作」、「システム開発」、「ブログ記事執筆」になります。

報酬は案件次第、どれだけ時間をかけるか次第になるので、ハッキリ言うのは難しいですが、
私の経験では、2〜3日の作業時間で「ホームページ修正 10万円」、「管理画面開発 12万円」といった案件を取れたことがあります。

しかし、継続して10万円代を稼ぐのは難しかったです。

デメリットにも書きましたが、IT知識がないクライアントが多く、コミュニケーションコストがかかったり、後から仕様変更を伝えられるなどブラックな案件を掴んでしまう可能性があるので、注意が必要です。

また、仕事を取るために実績を積んで信頼してもらう必要があるので、すぐに稼ぐのは難しい。

しかし、

本業の忙しさに波がある場合は、作業量をコントロールできるクラウドソーシングが一番合っていると思います。

探し方は、次の大手のクラウドソーシングに登録して気になる案件に募集するだけです。

 

2.プログラミングスクールの講師

副業としてスクール講師になる方法もあります。
私も3ヶ月ほど某有名スクールで講師の副業をした経験があります。

仕事内容 プログラミングスクール生徒からの質問に答える
生徒のコードのレビュー
仕事の進め方 シフト制で決められた時間にチャットツールで質問に回答する
稼働時間 シフトで決められた時間(最低 週4〜8時間が一般的)
単価 時間 2,000円(税込)〜
メリット 初心者からの質問なので、そんなに難しくない
少ない稼働時間でもOK
デメリット シフト制なので休日に予定を入れれない
単価が低い

ほとんどのプログラミングスクールが現役エンジニア講師を募集しているので簡単に見つかります。

例えば、↓のような案件。

他のスクールも講師募集していると思うので、各スクールの公式サイトをチェックしてみてください。

 

私が講師をしていたスクールの業務内容は、チャット(SlackやChatWork)に来た質問に答えるのと、生徒のコードレビューでした。

そんなに難しい仕事ではないですが、単価が低いのと、シフト制で決められた時間に予定を入れれないのがキツかった。

週4〜8時間から始められるので、気になる人は短時間から始めてみると良いでしょう。

 

3.プロジェクトに参画する

プロジェクトに業務委託(副業エンジニア)として参画するパターン。

この方法が一番稼げてスキルアップにつながるのでおすすめ!!

仕事内容 契約先の企業のサービス開発、機能追加・修正
仕事の進め方 GitHubやチャットツールを使ってやり取りをしてタスク消化。
週1でMTGをする企業もある(ビデオor対面)
稼働時間 平日夜や土日祝(週10時間以上が多い)
単価 時間3,000〜5,000円(税別)(月12〜20万円、スキルや稼働時間次第では30万円も可能)
メリット すぐ稼げる、スキルアップにもつながる
デメリット まとまった作業時間を確保する必要がある

やることは普段のエンジニアの仕事と同じで、契約先の企業のサービス開発、機能追加・修正です。
稼働時間は平日夜や土日祝の好きな時間にすることができますが、週10時間以上の稼働でないと見つけるのは難しいでしょう。

単価は税別 3,000〜5,000円/時あたりが相場ですが、契約先の企業(どんだけお金持ちか)やスキル次第ではもっと上も狙えます。

週10時間稼働で時間5,000円(税別)の場合、月20万円(税別)

 

副業として参画できるプロジェクトを探す方法は、次の3パターン。

副業案件の探し方

  1. 知人やSNS経由で探す
  2. 求人サイトで自分で営業
  3. おすすめエージェントや副業マッチングサービスで探す

知人経由で探す

顔が広くないと難しいですが、一番楽です。
ただ、紹介してもらえても1〜3件程度だと思うで、内容や条件面から案件を選ぶのは難しい。
(知人経由だと単価交渉しにくいしね...)

  • 過去に勤めていた会社に副業として参加する
  • 知人に周りに副業エンジニアを探している会社がないか聞く
  • Twitterで流れてきた話やFaceBookに投稿された話に応募してみる

リアルなつながりが少ない人は、
勉強会で知り合った人をフォローしたり、フリーランスや副業系のFaceBookグループに参加するなどしてみると良いかと。

メリット

  • 探す手間が省けて楽
  • 相手がどんな会社・環境か把握しやすい

デメリット

  • 数多くの案件の中から、内容や条件面から選ぶことができない
  • 単価交渉しにくい

 

求人サイトなどで調べて自分で探す

一番大変ですが、知人価格を提示されることも無く、数ある案件の中から探すことができます。

この方法をとるならWantedlyがおすすめ。
Wantedlyはスタートアップが多く求人を出しているので、副業可能な求人が多いです。
検索条件の採用形態を「副業・契約・委託」などにして探すと見つけやすいです。

メリット

  • いろんな案件の中から選べる

デメリット

  • 案件探し〜条件交渉まで自分でやる必要がある
  • 本業をしながら副業探し・交渉するのが大変
  • トラブルになったとき誰も助けてくれない

 

エージェントや副業マッチングサービスで探す おすすめ

一番安心・確実・早い方法。

ITプロパートナーズリモートビズといったフリーランス向けのエージェントやWorkshipアナザーワークスなどの副業マッチングサービスを利用する方法。

副業を探している案件しかないので手間が省けて、すぐに副業案件が見つかります。

すぐに自分に合った副業案件がなくても、定期的に新しい案件が入ってきます。
そういったタイミングを逃さないために、いくつか登録しておくことのがおすすめ!

おすすめのエージェント、副業マッチングサービス

メリット

  • いろんな副業案件の中から自分に合ったものを選べる
  • 副業案件しかないので、本業があっても探すのが楽
  • 変な契約を結ばされることがない
  • トラブルになりにくい、なっても仲介してもらえる

デメリット

  • なし

特におすすめなのは、ITプロパートナーズリモートビズWorkshipです。

副業案件はフル稼働の案件より数が少なく、人気が高いので、常に自分の条件に合う案件があるとは限りません。

複数登録してプロフィール・経歴入力や面談をしておき、良い副業案件があったら直ぐに応募するのが鉄則!!

 

土日副業案件が見つかるサービス

おすすめは、ITプロパートナーズリモートビズWorkship

ITプロパートナーズとリモートビズは副業案件もあるエージェント、Workshipな副業専門のマッチングサービス。

副業探しのオススメ戦略

  • ITプロパートナーズとリモートビズで積極的に案件探し
  • Worshipでプロフィールを充実させておき、自分の希望条件に合う案件を待つ

リモート案件・週1~3日!柔軟な案件が豊富なWorkship

Workship

Workshipは、副業・複業したい人と企業をつなぐマッチングサービス。
リモート・週1〜3日案件が揃ってます。

時間単価4,000円〜の副業案件も多くあり、土日のみ、週一、複業など多様な働き方の案件が揃っているので、きっと気になる案件が見つかるはずです!!

おすすめ理由

  • 土日のみ、週一、複業など多様な働き方の案件が揃っている
  • スキル入力しておくことで、新規案件が入ったら通知してくれる
  • 賠償責任保険が無料、トラブル相談窓口があるので安心

>> Workshipに無料登録して案件を見てみる

週2日〜案件が豊富!!ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ副業案件例

ITプロパートナーズは、高単価週2〜の案件が豊富なフリーランス向けのエージェント。
フリーランス向けエージェントですが、土日案件や副業案件もあります。

高単価なので、週2で副業ができる人にはおすすめ!!

おすすめ理由

  • 週2日だけの案件や、リモート可能な案件が多い
  • 専属のエージェントが希望をヒアリングしてくれて条件に合う案件を紹介してくれる
  • 業務開始後も担当エージェントが定期的にフォロー、サポートしてくれる

非公開案件も多くあるので、面談時に希望を伝えると色んな案件を紹介してもらえます。

私も登録しており、先日「副業案件も開拓している」と連絡がありました!
今のうちから登録しておくのが吉!!

首都圏・関西圏の案件豊富!!

>> ITプロパートナーズに無料登録して案件を見てみる

時短、副業等、個人に合わせた仕事のスタイルが可能!!リモートビズ

リモートビズ

リモートビズは、リモート案件のみのエージェント。

時短、副業等、個人に合わせた仕事のスタイルが可能な案件が揃っています。

直請け案件が中心なので、単価も高めです!

おすすめ理由

  • 扱っているのは、リモート可能案件のみ
  • 時短、副業等、個人に合わせたスタイルが可能
  • 仕事内容を把握しているコンサルタントが案件提案を行ってくれる
  • ほとんど全てが直請け案件

地方在住でも案件が見つかる!!

>> リモートビズに無料登録して案件を見てみる

 

【まとめ】Webエンジニアの土日副業の種類と探し方

副業の種類

  • 本業の忙しさに合わせて仕事量をコントロールしたいなら、クラウドソーシングで受託開発
  • スキマ時間で少しずつ副業するなら、プログラミングスクール講師
  • 確実にガッツリ稼いで、スキルアップにつなげたいなら、プロジェクトに副業エンジニア(業務委託)として参画

おすすめは、「プロジェクトに副業エンジニア(業務委託)として参画」するパターン。

このパターンの副業を探すには、エージェントや副業マッチングサービスを使うのがベスト。

副業探しの方法

  • おすすめは、ITプロパートナーズリモートビズWorkshipを使う
    • ITプロパートナーズとリモートビズで積極的に案件探し
    • Worshipでプロフィールを充実させておき、自分の希望条件に合う案件を待つ
  • 副業案件は人気が高いので、複数登録してプロフィール・経歴入力や面談をしておき、良い副業案件があったら直ぐに応募するのが鉄則

 


以上、Webエンジニアの副業の探し方でした。
良い副業ライフを!!


↓↓↓↓↓ 役に立ったと思ったらシェアお願い致しますthumb_up_alt ↓↓↓↓↓

-副業・複業

© 2021 フリエン生活 Powered by AFFINGER5